バックナンバー ブログ

ペット専用フリーペーパーLazo(ラソ)vol.23発行です!

投稿日:

おはようございます、ペット専用フリーペーパーLazo(ラソ)です。

 

昨日は、広島県動物愛護センターさんへ、次号の打ち合わせや9月に行われる動物愛護のつどいについて、そして防災について、お話をうかがってきました。

 

広島県愛護センターのある場所は、三原市本郷町。

昨年の豪雨災害では被害が大きく、船木地区におかれましては、亡くなられた方もいらっしゃいました。

あれから一年、早いものですね。

昨年の今ごろは高速道路も土砂崩れで通行止め、本郷インター側も土砂崩れで通れず、沼田川も氾濫、あちこちが浸水や土砂崩れ、災害後1ヶ月程でセンターへ伺った時、景色が変わっていました。

高速道路においては24時間体制で復旧工事が行われ、仮復旧でも3日で緊急車両や救援物資を運ぶルートが整いました。人の力は本当に凄いですよね!

それまでは、一般道路を迂回しながら緊急車両は現地へ向かったそうです。

あちこちが崩れたり、浸水していた為大変だったと聞いています。

 

現地へ向かいたい気持ちはありましたが、現地の方から来ない方が良い、来ても帰れなくなる可能性が高く、地元の人でも迂回を繰り返しながらだし、普通車だと通れない所も沢山あると。

そして、何よりも緊急車両が通れないと人命救助も、救援物資も届かないからと。

こちらで出来る事を準備し、goサインが出るのを待ちましたね…。

過去の災害から学んだ事が活かされていました。

 

遠くや近くの山肌に沢山あった土砂崩れの筋は、草が生えたからなのか、見えなくなる場所もありましたが、所々では被害の大きさからなのか、その筋は見えていたり、更地が増えていたり、あの沼田川の氾濫により鉄柵は錆びてしまっていました。

街中のあちからこちらにはまだ残る砂…。

 

沼田川の畔の桜並木は、復興を後押しするかの様に今年も沢山の花をつけ、励ましてくれていました。

 

一年前、この桜並木を来年は咲かないかもしれないと思いながら、通っていた時、ここですれ違った横浜ナンバーのパトカーに、思わず会釈をした記憶が甦りました。

宮城、熊本、横浜…全国から警察や消防、自衛隊の方々。

有り難いですね。

彼や彼女達にも無事に帰って欲しいと願う家族がいる、だから早めに避難をしないとね。

助けてもらえるから、避難しないで家に残る…

それは違うと私は思います。

 

皆さん、早めの避難です!!

特に、高齢や小さなお子さん、高齢や小さなお子さんのご家族がいらっしゃる方、耳の不自由な方や目の見えない方、早めに声を掛けてあげて下さい。

そして動物達がいらっしゃる方もそうです。

早めに避難をお願いします!

普段からの適切なしつけやマナーは命を守ります!

生きていればまた頑張れます!

生きれなかった方々、動物達の思いを大切にしてあげて下さい。

お願いします!

 

 

 

 

すごーく話がずれましたが(笑)、ラソ最新号配布中です!

お手に取られるまで、今しばらくお待ち下さいね!

-バックナンバー, ブログ

Copyright© ペット専用フリーペーパー|Lazo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.