フリーペーパー ブログ

岡山市保健福祉局 保健福祉部保健管理課 金澤さんと味埜さんに聞いてきました!

更新日:

岡山市保健福祉局 保健福祉歩 保健管理課
金澤様と味埜様にお話をお聞きしました。

 

今回は岡山市のこれまでの同行避難のお話や、昨年実施された岡山市総合防災避難訓練を実施しての感想。
そして今後の課題や岡山VMATとの連携についてお話やして下さいました。

岡山市のこれまでの同行避難、今回の合同避難訓練実施までの経緯は、平成30年7月の豪雨災害では岡山市でも沢山の避難所が開設されましたが、その時点では避難所における動物の受け入れ体制は十分に構築されていませんでした。
この様な中、令和2年3月に岡山市動物の愛護及び管理に関する条例が改正され、災害時において動物と一緒に避難出来る避難所の設置に努めることなどか新たに規定された事から、市内126の小中学校にペット避難場所を設置すると共に防災マニュアルを改正する等、岡山市のペット同行避難の体制が少しずつ整ってきました。
そこで令和2年9月に岡山市の総合防災訓練において、ペット同行避難訓練を実施する事としました。

実施してみては、ペットの同行避難を適切に行っていただく為には、飼い主様の事前の準備がとても大切です。
これまでもチラシやパンフレットを通じて普及啓発を行ってきましたが、訓練として実際に動物とのデモンストレーションを行う事で、それらの必要性に対する理解が深まったと感じます。
一方で、避難所毎に状況が様々であること、参加対象が開催会場付近の市民に限られている事などから、今後も継続して動物との避難訓練を実施して行くことが必要であると感じました。

そして今後ですが、岡山市は岡山県の設置する動物救護本部において、(公社)岡山県獣医師会等、様々な組織等と連携・協力することになります。
一方で、動物愛護部局の職員は、実際の災害発生時には、避難所運営等の応援と岡山県動物救護本部における連携とを同時に行う事になりますので、それらの業務を上手く両立させることは大きな課題となっています。
引き続き関係組織等との協力関係を深めて参りたいと思います。

-フリーペーパー, ブログ

Copyright© ペット専用フリーペーパー|Lazo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.